清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
No.131
「なりひら塾」開講!! (2012.1) 
春を待つオールドローズ
初春、堅くしっかりと寒さに耐えているバラの花芽も新たな年を迎えて、幾分か微笑んできている様にも見える年始です。昨年の新年号(No119回)でも述べましたが、いよいよ「環太平洋戦略的経済連携協定(TTP)」が今の政権で2012年の最終妥結を目指しています。そもそもこのTTPは、2008年9月22日にシンガポール・ブルネイ・チリ・ニュージーランドの4カ国のテーブル上で合意・発効され、2008年9月23日にオーストラリアが表明して、2009年11月14日にはアメリカのオバマ大統領が参加表明した。アメリカのサブプライム住宅ローン危機に端を発したリーマン・ショックが影響して、巨大アメリカ経済に与えた経済減速の対策案とした事が大きいのではと云われている。ベトナム・ペルー・マレーシアが加わり2010年11月14日APECの最終日に、日本が参加の意志を表明した。「環太平洋戦略的経済連携協定」とは加盟国と日本のような複数の交渉国の間で作業部会を設け、工業製品・農産物・繊維・衣料品の関税を例外なき完全撤廃以下9項目に関して協議中です。※詳しくは外務省、農水省、TPP協会のHPやフリー百科事典等を参照。
「清ちゃんのお花畑」では、ナリヒラ農法として農薬・化学肥料を使わないで、「おいしい安全な趣味の家庭園芸」を推薦し、広報して参りました。しかし、いよいよ3.11以来、原発問題等を含めて、日本の食料危機が目の前に大きく立ちはだかり、食料の自由化が促進されれば、日本のような集約的農業では、より価値の高い商品が当然消費者から求められます。現実は価格の比較にならない食料品で溢れて参ります。その後、世界中の産地も自然淘汰され、食料の減少に伴うどうにもならない食料危機が到来
 ナリヒラ農法・ブロッコリー 
する可能性が大きい。もちろん生け花やガーデニングと言う、心の文化や感動が寂しくなり、経済活動か衰退していく方向に向かっている様で頭が重いです。
現に円が1ドル70〜60円に成ろうとしている円高水準だが、一向に輸入の石油やガソリンは上がるばかり、何か変だと思わないでしょうか?・・・・・ 今年からのお花畑では、植物の大好きな人達と、営利栽培を目視し、元氣で経営していく人々を応援して、『なりひら塾』を開講し共に大きな目標に向かって学んでいく覚悟です。まず関越一円から勇者定員20名で『国際競争力に勝てる農法』としてナリヒラ酵素を媒体とした化学肥料、農薬を使わない農法研究塾を3月頃スタートします。生産した食材は、各県の名高いレストラン、ホテル、市場のリーダーと試食会等を開催して、より価値のある商品を高め、販売先等も開拓していく研究塾とする。 【問い合わせ先】0277-54-7883 新井迄。

叉恒例となりました清ちゃんのお花畑 第130回記念読者プレゼントと題して昨年掲載致しました1年間をカラーファイルで謹呈致します。限定20名様。ご住所・お名前・ご意見等をお書きの上、〒376-0011桐生市相生町3-372 「清ちゃんのお花畑」 係迄お送り下さい。(締め切り1月31日)
一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No131