清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
No.138
この暑い季節でも元気に咲く花たち  (2012.8) 
耐寒性宿根草-ホワイトスワン(晩春〜秋の開花 )
今年の猛暑は、男性的降雨型で、降っては晴れるので、日照時間が長い分だけスイカや露地野菜が良く育っているようで、おいしい野菜が出廻っております。トマト・スイカ・カボチャ・ナス等、色の付いたビタミン豊富な新鮮野菜をたくさん食してこの猛暑を元氣に乗り切ろう。


真夏この季節は、お花の少ない時期でありますが、毎年8月のこの時期に咲いてくれる魅力的な宿根草をご紹介致します。

 来年には数倍になって楽しめる宿根草ホワイトスワン(菊科ルドベキア属) は、7月上旬〜10月までながーく咲くルドベキアです。草丈が40pと長く伸びるので切り花としても、丈夫で楽しめる優れものです。苗を植えても、風通しのよい日向の半日陰の環境に適し、毎年株が大きくなり、多数の花が咲いてくれるのも大きな楽しみの一つです。ホワイトスワンによく似ているのが、同じ菊科のエキナセアではないでしょうか。初夏の太陽の下でスゥーと伸びた蕾が印象的で、真夏の花壇の主役となって華やかにながーく咲いてくれる。6月〜10月頃まで楽しめるのも最大の魅力です。バレン菊から始まったエキナセアは、最近では花弁や色彩がカラフルなカラーが増え、花壇の中では存在感を発揮し、いろいろなシーンに使われる様になりました。

叉、栽培が簡単で初心者向きで真夏にピッタリ、花壇やテラコッタにも存在感を発揮するアガパンサスはいかがでしょう。毎年花が咲き、花は大きくブルーとホワイトの2色が一般的ですが、八重咲き品種や蕾のままずっーといる品種や、ブルーの濃淡の品種ともちろん一重の品種も幾つかあります。初夏に咲く品種や真夏から秋に咲く品種と園芸種でも10〜20品種が認められている。期待を裏切らないで毎年必ず咲いてくれる丈夫な花です。
 
そのほか、真夏に元氣をくれる花には、お盆に必ず使うミソハギハスの花。カクトラノオのブルーとホワイトの種類、アオイカンナも元氣に咲いている。ブルーの房咲きの花が1m位伸びるツンベルギア、紫赤や白い花が槍のように咲くリヤトリスストケシアインカビレアカラミントイトバシャクヤク。匍匐性では一年中元氣によく咲くグランドカバーとして、姫イワダレ草がある。
一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No138