清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
No.143
厳寒期でも、けなげに咲く宿根草「クリスマスローズ」 (2013.1) 

クリスマスローズ・ジョエル(12月開花)
 あけましておめでとうございます。
今年こそ、経済のゼロ成長のトンネルに明かりの1点が見えてくる年になりますように期待して元氣に行きましょう。


今日はこの厳寒期にけなげに咲く宿根草クリスマスローズに目を向けててみました。シーズンに先駆けて、白の一重の花びらがかわいい聖母マリアをイメージしたニゲルのマリアシリーズは、童仙房クリスマスローズの総称。クリスマスローズジョエルは、ドイツで数十年の歴史を経て生まれてきたすばらしい白系早生種の絶品花です。一輪一輪が大輪で上向きに咲くのが特徴で多花性、花のステムが伸びてくると、ボリュームも一段と魅力的です。開花が10月〜2月頃まで咲く品種の中には、メリクロン培養で生まれたスノーフィーバーがある。斑入りの葉は庭園のアクセントにぴったりです。花色は、茶褐色のシンプルな一重の自然色のため庭園のシーンになじみやすく 又、季節の存在感を発揮してくれます。二種の原種から生まれたハイブリット・F1(一代交配)の品種の中にピンクフロストがあります。ゴージャスに上向きにピンクの花を楽しませてくれ、開花は2月〜5月と長期間楽しめる大型種。クリスマスローズニゲルの中にはジョセフレンパー・パウロ・ジョエル・スノーフィーバーがあり、その一代交配(F1)で生まれた小輪系のミリオンエンジェルやディープエンジェルそしてピンクフロスト・シナモンスノー又、強健な根を売りとする丈夫で作りやすいF1ジョーカやアイスブレーカーマキシー は冬の庭園の殺風景な処え明るいシーンを造ることが可能です。幾つかの品種を組み合わせて庭園に混植する事を推薦します。そして10月頃から4月まで楽しめるのもクリスマスローズの醍醐味ではないでしょうか。 (ニゲル・童仙房クリスマスローズ資料より)

昨年から開講した、なりひら塾は、植物の大好きな人達が関東圏から、塾生12名で研究塾を開催しています。「国際競争に勝てる農法」と目標を定め、化学肥料・農薬を使わない、酵素の力『ナリヒラ酵素』による農法です。今期カリキラム実績、[4月] 植物活性・ボカシ、[5月] 稲作・春野菜、[6月] 二次加工その1・アミノサン [7月] 収穫物の調理その1. [8月] 二次加工その2.・漬け物作り [9月] 秋野菜、 [10月] 収穫祭群馬ドームにて・麦作、 [11月] 収穫物の調理その2. [12月]  冬野菜(ホーレンソウパウダー)、[1月] 二次加工その3. [2月] 収穫物の調理その3 [3月] 各塾生のプレゼンテーションです。生産した食材は、各県内のレストラン、ホテル・市場のリーダーと試食会を開催し、価値のある商品づくりを追求して参ります。連絡先 0277-54-7883 新井迄。


又、恒例となりました、清ちゃんのお花畑 第143回記念読者プレゼントと題して、昨年度掲載した1年間の「清ちゃんのお花畑」のカラーファイルを謹呈致します。
限定20名様。 ご住所・お名前・清ちゃんのお花畑のご意見等を頂ければ幸いです。
締め切り1月31日まで.  〒 376-0011 桐生市相生町3-372-1 清ちゃんのお花畑係 迄
一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No143

TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP