清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
No.145
寒い冬、家庭の中で楽しむ「ミニカトレア」 (2013.2) 

このところ、連日連夜と北風の脅威に見舞われた我が店も、今朝は久々の暖かい朝となりました。
店内はたくさんの植物やお花達で春爛漫です。

今日は室内で楽しめる、小鉢の寄せ植えを紹介します。一足はやい春をお楽しみ下さい。この時期この寒い室内でも、日当たりのよい場所であれば、サボテンや多肉植物がおもしろいと思います。カラフルな色彩があり、種類も豊富な多肉植物は、扱いも簡単でお気に入りの品種は、個人で楽しむ為だけであれば増殖もOKです(パテント品種は販売目的の増殖が禁止されています)。初心者でもそれ程難しくはありません。
多肉植物の一葉をカットして、赤玉土の微粒や鹿沼土の細粒に植えると良く発根します。差し床の温度は、18〜25℃位であれば理想的です。発根した穂木は、培養土の入った小鉢で管理します。追肥は、液肥が簡単です。幾種類かの苗鉢が出来たら、お気に入りの鉢に寄せ植えしてお楽しみ下さい。

春一番に咲く、プリムラマラコイデスも種類が豊富です。ライトグリーン色に咲くウィンティーや、ピンクの八重咲き品種など、カラフルなポット苗を寄せ植えで楽しみましょう。
花首のながーいプリムラシネンシス類には、ブルー系・ピンク系・ホワイト系と寒さに強い品種が生まれ、霜が直接当たらない、屋根下や軒先でも越冬して咲き続ける優れものの品種です。又、プリムラの中には、ジュリアンやポリアンサスも含まれます。両者共寒さには、比較的強くコンテナやテラコッタ用として、殺風景な真冬のシーンにお薦めの花材です。

そして、寒さに強いと云えばリナリア(姫キンギョソウ)。この季節にぴったりです。赤の花弁に芯がオレンジ色のエンチャントメント、スッキリとしたリナリアグッピーイエロー、リナリアグッピースカーレットウイズアイ、リナリアグッピースポッテットピンク、リナリアグッピーバイオレットウィズアイ、リナリアグッピーピンクウィズイエローアイ、リナリアグッピーブルー、リナリアグッピーホワイト、リナリアグッピーホワイトウィズイエローアイ、リナリアグッピーマゼンタローズ、リナリアグッピーアプリコットウィズアイ、とバリエーションが豊富です。この季節に背の高い花が少ない中、ボリュームの出したいシーンに最適な品種ではないでしょうか。寄せ植え商材として、あらゆるシーンにオススメです。そして足元のグランドカバー材料には、ブルーやホワイト・黒褐色の目のある花弁のネモフィラも一押し商材です。又、ベンケイソウやクモマソウも冬期の下草材料として、優れものの一品ではないでしょうか。
一見何もないこの厳寒期でも、よく見わたすと、リーズナブルで充分に楽しめる植物が身近にたくさんあります。             (資料提供: サカタのタネ、第一園芸、M&Bフローラ)
一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No145

TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP