一覧へ戻る  
No.15 パンジーの後に植えるもの(2002/5)
* 6・7月の気候を感じさせる様な早春でしたが、ここにきて涼しくお花の方も、平常心にもどりつつあります。涼しく快適な日が続くと、皆様のお庭のパンジーもまだまだ元気でしょう。そろそろ次のステージをとお考えでしょうが,カーデニングは、 自分に合った無理のない付き合い方でよい。手軽に気軽にやるのがベスト。もちろん植物を元気に育てる上でのルールは、たくさんあるが、それをすべて全部を知る必要はなく、自分の生活のリズムに合ったやり方でいいし、知識は植物と付き合っていくうちに、おのずとついてくるものです。植物とうまく付き合うこつは、植物自身が持つ、元気に生きようとするパワーが発揮できる様な環境を作ってやることで、鉢替えや植え替えもそれにあ たります。花屋、園芸店で売られて いるビニールポットに入っている植物たちは、たいてい鉢替えを必要とし ている。そのままでいるとすぐに、根の住まいが、窮屈になる。これが「根づまり」である。こうなると、水やりの回数は増え花や葉の色は悪くなり、植物自身も、気持ちの良いところではなくなる。だから鉢をお買い求めましたら、 早速広い住まいに引越しをさせて、植物が気持ちよく育つような環境にしてやるとよい。

* 5月は、端午の節句で花ショウブ、葉ショウブ の時節である。
葉ショウブ は、香りのショウブと言われ、ヨモギの葉といっしょにお風呂等に使われたり、殺菌作用が強く昔から珍重されいいる。 又この時期は、多種多様のハーブが芽吹き、暮らしに役立つ、植物が数多くあります。その多くは、品種改良などの、人々の手の加わっていない、元々は、雑草の様な物なので、とても丈夫で育てやすい。見た目にも自然な感じで、心地良く近頃、ハーブガーデンとしての、地位を築いています。 ベランダや出窓のような、限られた、スペースでも、幾種類かの、ハーブを寄せて、ミニハーブガーデンというのは、 いかがでしょう。姿、色、葉の形がそれぞれ個性的で、見た目も楽しめます。 オレガノ、タイム、セージ、は中でも育てやすく、料理にも、手軽につかえます。ナスターチゥムやカモミールなどの、かわいい花を楽しめるハーブを一緒にうえて、明るい雰囲気にするのも良いでしょう。日当たりと風通しの良いところを好むので、吊り鉢等で、飾るとよい。小さくとも、育てる楽しみと、利用できる楽しみのあるハーブガーデンは、他の植物とは違い、チョット得した気分にさせてくれます。

* マザーディーお買い物情報
今年は、あじさい、ハイドランジャーの種類が豊富に、新品種がたくさんお目見えします。カーネーションは、ハイブリット系の品種が、各種苗会社より数多く、発表されいてますので、おたのしみです。 夏型の洋らんは、ミディ系のコチョウランがお勧めです。花弁が厚く、色もバラエティに富んだ、花持ちの良い品種が、たくさんお目見えいたします。


清ちゃんの お花畑 to. Green. flower farrn.No16
一覧へ戻る