清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
  No.196 小さなハーブガーデン (2017.6) 
 
 癒しのハーブガーデン
 近頃は、季節外れの猛暑や突然の豪雨にも慣れてしまい、少々の気候変動では、驚かなくなってきました。それって怖い事ですね・・・。

「充実した生活のリズムは、
     まず健康で有る事である」

 6月ともなれば新緑の緑も一段と輝きを増し、その癒し効果も波の如く、降り注いできております。里山や公園で休息したり、植物や自然と関わったりすることで、リフレッシュをして落ち着き、元氣になった経験は誰にでもあるでしょう。そんな時、自然や植物から癒されているなと感じとれると思います。緑によるセラピー(緑による癒し効果)には、計り知れない癒し効果を秘めています。

 今日は緑のガーデン「小さなハーブガーデンの作り方」をご紹介します。現在人気のある低木と言えばオリーブの木。常緑で、小さな葉の間から差す光りにも癒されます。果実は、絞ればオリーブ油に、葉は粉末にして、お茶として飲む事ができます。オリーブの葉には、ビタミンEが100c中19.8r、抗酸化力を高めるオレウロベイン(ポリフェノールの一種)は、100c中2..7mgと多量に含まれ、健康飲料の代表的な存在です。オリーブと一緒に植えたいのがシナモンバジルやスイートバジル。フレッシュサラダの中に1〜2枚入れるだけでサラダの質がワンランクアップ。スープセロリーやコリアンダー(パクチー)も食欲を増進。ペパーミントやポリジーを植えればワイルドなハーブガーデンが出来上がります。
ハーブは、大きく育つのが早いので、早め早めに植え替えすると、長期間楽しめます。毎日摘んで食す事が出来るものには、絶対無農薬栽培をお奨め。農薬や化学肥料を使わない栽培方法には、ナリヒラ農法(ナリヒラ酵素を使った)をお奨め致します。
ナリヒラ農法は、誰にでも簡単に出来ます。一週間に一度だけ、ナリヒラ酵素1.000倍液とアミノ酸1.000倍液を育てたい花や植物(バラ・葉物野菜・夏野菜・ハーブ等)に散布するか、ジョーロで与えるだけ。すべての植物は、元氣に育ちます。植物が元氣に育つ事で食味値が向上したり、お花の発色が綺麗になってくると、植物体内の硝酸イオンが減少して、抗酸化物質やポリフェノールが増強される。病害虫に侵され難い植物体に育ちます。
人の体は、毎日摂る野菜の食卓に、無農薬な安全な野菜が少しづつでも入り、硝酸値の低い夏野菜や抗酸化物質やポリフェノールが増強されたハーブや野菜を採り、血中酸素の増強する事で体内エネルギーが増し、健康になります。
 健全でリズムに満ちた生活を実現しましょう。緑の風を追い風とし、みどりのガーデンづくりが健康づくりにつながりますように・・・。
 一覧へ戻る

 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No196



TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP