清ちゃんのお花畑  
一覧へ戻る  
  No.227 花とみどりで癒しを(2020.1) 
明けましておめでとうございます。
新春のお慶びを申し上げます。
おかげさまで、2001年に始まった「清ちゃんのお花畑」も令和2年(2020年)で連載20年を迎えます。これもひとえに、皆様方からのご支援のたまものと、深く感謝申し上げます。
 いよいよ東京オリンピック。その開催を契機として、物・事の質や価値のより高いものを求められる社会構造になってくると思われます。薬はジェネリックですぐ手に入り大量消費、除草剤や農薬も安価で簡単に使用できることなど、さまざまな危険が潜む社会構造からの変革です。
健康に関しては、食が一番大事ではありますが、花とみどりもものすごく重要です。花とみどりの癒しが、現代社会でのストレスを忘れさせてくれる大切な空間や時間となります。
 日頃は仕事に追われて、忙しい時間を過ごしているからこそ、花とみどりにちょっとだけでも触れることで、得られる喜びがあります。一粒の種が一晩にして発芽する様子や季節の花々の開花の様子に感動し、その素晴らしさを実感することで、ストレスを乗り越えられます。植物の癒しのエネルギーで、日々の活力を養えるのです。植物の力を、ぜひ体験してみてください。植物好きの皆さんはすでにご存じだと思いますが、植物の葉は驚異的な働き者です。地球環境を改善し、地球温暖化を抑制する第一の立役者です。
 太陽の光を浴びる緑の葉が、排ガスや炭酸同化作用によって酸素を放出してくれます。そのため、私たちは、酸素に不自由することなく、生活をすることが出来ています。また、葉のおかげで植物に炭水化物やたんぱく質が蓄えられ、明日への命へとエネルギーをいただいているのです。
 一葉〜木〜林・森に降り注ぐ雨によって、溶けだした枯れ葉のミネラルが、大河となり、大海原に流れ出します。植物のミネラルを大量に含有した海水には、プランクトンが豊富に生まれて魚介類のエサとなり、豊かな漁場となります。
 お庭の1枚の葉は私たちにとって、地球にとって、とても大切な葉です。
 清ちゃんのお花畑では、農薬や化学肥料を使わない、安全で安心な野菜やくだもの、花の栽培方法『ナリヒラ農法』をお奨めしています。キノコ菌から生まれたナリヒラ酵素を使用する『ナリヒラ農法』で栽培された野菜やくだものは、従来の農法に比べて、数倍糖度が増し、食味値も上がります。
 なりひら農法では、糖度が増すと同時に植物内の硝酸イオンが減少するため、野菜をおいしく食べることができるのです。その食事を継続することで、体全体が健康数値内となり、病気になりにくい体質の持続が期待できます。
 そして、バラなどのお花は、より鮮やかにきれいに咲きます。
 
 一覧へ戻る

 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No227



TOP |お店の紹介 |清ちゃんのお花畑 |お庭の便利屋さん |会社案内&MAP