一覧へ戻る  
No.56 立秋におすすめの花壇苗は・・・(2005/10)
秋彼岸を過ぎると、一気に快適気分の毎日です。 先日までの猛暑が嘘のようですね。いよいよ花壇やコンテナの植え替えの季節がやって来ました。 まず秋植え球根をカラーにこだわり、おしゃれに植えてみてはいかがでしょう。

秋色のフウチソウ


*ホワイトチューリップに、白のヒヤシンスとホワイトアリッサムを植えると香りのホワイトガーデンに。 又、小花のスイセンハニーミルクに、レモンイエローのチューリップを一緒に植え爽やかな春のお庭を。球根植物をいろいろとイメージして植え込んでは、秋に植えてから早春までの間のお庭は、殺風景です。そんな時は、球根の間にコニファーやカラーリーフ(葉物の苗)を植えたり、ガーデンシクラメンやビオラ、デージー、クリサンセマム、アリッサムなどの小花が晩秋から春まで楽しめます。球根達が咲くまでは、つい水やりも忘れがちになりますが、冬の植物があれば、一緒に管理されて春の主役が咲き始める頃には、美しい花たちの競演となります。

ガーデンシクラメンには、花色が増えました。ガーデンシクラメンでのお庭づくりは、いかがでしょうか。 メロディーシリーズは、花弁や葉が厚く病気に強いのが特徴で、戸外でも花の上がりやすい性質なので長期間楽しめるシリーズです。銀色の葉がとてもおしゃれなシルベラードシリーズは、「ホワイト」と「スカーレット」の2品種があります。パープルな花色のミュジカルローズは、みずみずしく輝きのある花色です。人気のビクトリアタイプにビクトリアデコとして新登場です。

* 知っていますか? 良いガーデンシクラメンの見分け3カ条//
【葉の色】・・・ 葉の色は、濃く元気で生き生きしたものを選びます。株はしまり、手で押してみて硬くしっかりとしたものがよい。
【花やつぼみ】・・・ 花は数輪咲き、株の上にもつぼみがみえて株の中のほうにもつぼみがきちんとついているものを選ぶ。
【 根 】・・・育苗ポットをそっと外して見てください。白い根が全体にしっかりと張っている株が、より品質の高い商品といえます。

* ガーデンシクラメンの上手に育てるポイント//
POINT1.−− 強い風や強い霜が直接当たる場所は、避けてください。
POINT2. −−寒くなる前の秋のうちに植え、土にしっかり根を張ることで,より寒さに強くなります。
POINT3.−−日あたりの良い場所を選び、株元が土で埋まらないように浅植えとする。
POINT4.−−緑の葉や球根を傷める、泥はねを防ぐために、株もとには、バークチップの様なものでマルチングをしてやる。植え付け後は、灌水はしっかりと。

以上の点に注意しながら今年もまた、楽しくなる秋からのお庭を造って頂きたいとおもいます。
今回の資料は、スコップ秋号から情報を頂きました。
清ちゃんのお花畑は、No1〜No56.までいつでもホームページでご覧になれます。
人気の商品や季節に合った栽培ポイントの資料が無料でいつでも引き出せます。
http://www.hanano-arai.co.jp 花のあらい−清ちゃんのお花畑 です。


一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to. Green. flower farm.No56