一覧へ戻る  
No.62
 今年の一押し商品のご紹介(2006/4)

春風にたなびくさくら草 
お花やさんの店先は、あふれんばかりお花でいっぱいの季節となってまいりました。
 お隣のみどり市では、岩宿遺跡のかたくり散策に話題があつまり、週末には大勢の人達で、ワイワイするのも間近ですね。

きょうは、春にお目見えする店内の商品にスポットを当ててみました。
 将来のお庭の主役になる花木達も、つぼみをたくさんつけたアメリカハナミズキの白花に赤。そしてヤマボウシ、花の小さなミルキーウェィー、ヤマボウシサトミのピンクの小花。又今年は、イタリアからオリーブがやって来ました。シルバーリーフの葉の色を年間通して楽しめる、ピクアル、レモーノ、フラントイオ、シプレシノの4品種が揃っております。もちろん果実もお楽しみ頂けます。記念樹やシンボルツリーに アカシアの木はいかがでしょう。アカシアと言えば千葉の房総半島によく見られるミモザアカシアを代表としますが、花の綺麗な黄花のプリスベーンアカシアや、寒さにあたると紅色の葉が緑に変色する品種プルプレアや、白花のスノーサマーが飾ってございます。

そんな 花木の周辺を華やかにしているのは、秋から咲き続けています三色ポットビオラや虹色すみれ、そして切り花パンジーもまだまだ魅力があります。寒さにつよい宿根性のプリムラ、シネンシスや実生のネメシア、栄養系(栄養系--苗を生産するのに挿し芽の方法で増殖した植物を言う)ネメシアポエトリーや、おとなしく下向きにつぼみを付けて咲くのに従い上向きのかわいい黄花をたくさん付けますウルシニアにカンパニラホワイトベービー、ヘーパーのような花びらにライトイェローのかわいらしい無数の小花が魅力的なエスコルチアミニチュアサンディー、耐寒性がありブルーの小花に斑入りの綺麗なグリーンの葉が印象的なオーブリエチアラピス、雰囲気の豊かなオステオスペルマム−シンフォニー、 貝細工のカラカラしたピンクの小花が魅力のローダンセや耐寒性のあるアネモネモナリザ、アネモネアナベラホワイトとピンク、お好きな花を花壇やコンテナに。

春はお花の季節ですが病害虫の発生も気になります
今から予防には、オルトラン粒剤でアブラムシの防除、ハモグリバエやコナジラミ、アブラムシには、ベストガード粒剤を。害虫が発生したら、オルトラン水和剤を散布して頂きたいと思います。うどんこ病や黒星病等では、 トップジンスプレィーが効果的です。

鉢花やギフトの店内では、そろそろあじさいの数々が並んで来ました。
ミセス−クミコ、すみだの花火、ピコティー、の大鉢やカラーの新色イエロー系にゴールドラッシュ、カラーフレーム、自由に植えてボリュームのあるギフト用に篭にアレンジ出来るミニバラのポットやミニガーベラ、ミニペラルゴニウム−ビオラも人気商材です。今年の春の花前線の始まりに今年の一押し商品をご紹介してみました。  

一覧へ戻る 清ちゃんの お花畑 to Green flower farm No.62